顔脱毛はどれくらいの周期でするべきか

効率よく脱毛するためには、毛が生え変わるサイクルである毛周期を考えて脱毛する必要があります。
頭皮を除く部位は、3か月から4か月かけて体毛が生えてきます。一方、顔の場合はその周期が早く、1か月から2か月ほどだといわれています。顔の毛はあまり長くは伸びませんが、その分、生え変わりは早いのです。なので、顔を脱毛するときは、定期的に脱毛処理をする必要があります。
しかし、だからといって頻繁に顔脱毛を行うと、それだけ皮膚に対するダメージは大きくなります。顔脱毛をするときには、毛根部分に光を照射するフラッシュ脱毛という方法が主に使われます。これは、皮膚にやさしい脱毛方法ではありますが、頻度が多くなると、逆に毛根を痛めてしまいます。
顔脱毛をする際は、一般的に2か月から3か月の周期でエステに通うといいとされています。ただし、個人差があるので、一概には言えません。なので、どのくらいの頻度で通えばいいかを、エステティシャンと相談していくことが大切です。
脱毛は、繰り返し根気よく行うことで効果を発揮するので、すぐに効果が出ないからといって、頻繁にエステに通うことは禁物です。決められた周期を守り、きちんと処理をしていくことが、顔脱毛の成功につながるのです。

 

顔脱毛、眉毛の施術の注意点とは

まず、女性で処理をしていないという人はいないという位、日常的に処理をする頻度が高い眉毛は、顔脱毛の中でも目に近い所から、非常に難しいのをご存知ですか。とはいえ、自分で処理をするのもなかなか難しく、毛を剃りすぎてしまって、無くなってしまう人や、両方の形がなかなか揃わなくて悪戦苦闘してしまう人も多いかと思います。眉毛一つで表情が全く違ってしまいますので、出来れば綺麗にそろえたい所ですよね。ですので、エステサロンで顔脱毛してくれるのであれば、大変助かります。
眉毛の顔脱毛は、眉上と眉下でパーツが分かれている所が多いので、注意が必要です。特に眉下は、施術の際に目を守るためにゴーグルをつける事で隠れてしまう可能性があります。目に近い部分でもありますので、どれだけ丁寧に施術をしてくれたとしても、自分でも気をつけなければいけません。ですので、施術を行う前はしっかりとカウンセリングを行って、担当者の指示にしっかりと従う様にしましょう。
また、眉毛の顔脱毛は、自分の理想の形にしてくれるというメリットがありますが、事前にホームページや電話で可能かどうか確認しておいたほうが確実です。しかし、流行というものがありますので、奇抜な形にするよりかは、無難に整える程度にしておいたほうが良いでしょう。

顔脱毛で肌の色がトーンアップします。

脱毛施術を受ける人が多くなりました。ムダ毛が毛根からするりと抜けおちることで毛穴が引き締まり目立たなくなります。ムダ毛がなくなるだけでなくなめらかな美肌になることができるので、脱毛は美容方法の一環として定着しています。
ワキや腕の身体だけでなく顔脱毛は特に美肌効果を期待して施術を受ける人が多いです。
顔のムダ毛は身体のムダ毛ほど太くはないのですが、細い産毛のようなムダ毛が多く、肌の色をくすませる原因となっています。化粧ノリやスキンケア化粧品の浸透も妨げます。
顔脱毛の施術を受けると毛穴の目立ちがなくなり、メイクで隠さなくてもよくなりますし、肌の色がトーンアップして透明感がでて、肌質が変わったかのような効果が期待できます。
ファンデーションの色も今までの色よりもトーンアップした明るい色がなじむくらいに変化があります。
顔の皮膚は身体の皮膚よりも薄く、脱毛施術の刺激を受けやすいので弱い出力で処理します。
したがって顔脱毛は身体の脱毛よりも施術回数が多くなる傾向がありますが、肌トラブルを避けるためにも重要な注意点です。
顔脱毛後は肌が乾燥した状態で、紫外線の影響を受けやすく日焼けやシミとなりやすいので、せっかくトーンアップした肌を守るためにも保湿や紫外線防止のアフターケアが必要です。

顔脱毛の硬毛化を避けるには

硬毛とは太くてしっかりとした毛を表しますが、レーザー脱毛や光脱毛の施術を受けた後に施術前よりも毛が太くなったり長くなったりする現象が時々見られます。これを硬毛化と呼びますが、顔脱毛でも起こり得る現象です。確率としては約5%と決して珍しい現象ではありません。稀に脱毛目的の光エネルギーが毛の成長のためのエネルギーとして働いてしまうことがあり、元々太い毛の生えている場所では発生しません。
硬毛化は産毛のように柔らかい毛が生えている場所で起きます。背中やお腹や二の腕は普段衣服に隠れている場所ですが、顔は人目に触れる場所ですので硬毛化してしまうと気になります。
主な原因は、出力の弱いレーザー脱毛や光脱毛による影響だと考えられています。一度なってしまっても強い出力で照射を行えば脱毛することができます。そのため、顔脱毛や背中やお腹の脱毛では出力が弱過ぎないように調節してもらうことが大切です。過去に硬毛化してしまった経験のある人は、出力が強めの医療レーザー脱毛を選んだ方が安心です。特に皮膚がデリケートで負担を掛けたくない顔脱毛では、何度も効果の限定的な施術を繰り返すよりも、一度完璧に脱毛してしまった方が肌のためには良い選択だと言えます。

顔脱毛に脱毛テープは不向き

顔脱毛には脱毛テープの使用は適しません。脱毛テープを剥がす時に強い摩擦が加わりますので、剥がした後に皮膚が赤くなったり痛みを感じることもあります。顔はデリケートな部分であり紫外線に当たりやすい場所ですので、摩擦によって肌トラブルを起こすのは危険です。肌トラブルを起こしている部分は色素沈着を起こしやすく、一度シミやくすみが表れると長く残る可能性もあります。
顔脱毛で一番重視しなければならないのは、角質をそのまま残すことです。表皮を傷つけなければ外的刺激に対して敏感になる心配もありません。肌細胞は日々生まれ変わりますので処理間隔を長く空けられる方法で表皮に傷を付けなければ問題ありません。繰り返し処理を行うという手間を省きたい時には、光脱毛が便利です。他の顔脱毛の施術と比べても安全性の高い方法ですし、肌に優しいために敏感肌でも対応できます。敏感肌の人は通常よりも皮膚が薄いことが多いので、一般的に大丈夫だと考えられている方法であってもくすみ等の皮膚トラブルが発生することがあります。しかし、光脱毛は数ある永久脱毛法の中でも群を抜いて肌に優しい方式ですので、トラブルの起きる心配はほとんどありません。

顔脱毛エステサロンの勧誘

エステサロンの脱毛などで顔脱毛のとても安い料金プランなど打ち出している所はひょっとしたら裏があり勧誘などで他の部位の脱毛を勧めてきたりする可能性も有ります。顔脱毛だけでも顔の広範囲だったら料金が上がり回数もかかってしまいます。特に顔脱毛以外の部位を勧めて来る勧誘などのエステサロンなどは初めからお客さんをおびき寄せて他の部位での脱毛で料金を取ろうと考えている様です。その様な勧誘の無いエステサロンをご自信でインターネットなどの口コミを見て確認してか脱毛エステサロンを選んだほうが良いかもしれません。ある程度はそういった悪質な事は書き込まれている事が多いようです。当然顔脱毛だけが目当てで来ている方にとってはそう言った事は始めから自己防衛しなければいけない様で大変です。有名どころのエステサロンならばまずはサービスが第一で考えている事ですので、まず他のコースを勧めて来ることは無いでしょう。料金体系などもしっかり掲示していて口コミサイトも評判が悪くないので出来るだけ有名な所の方がまず間違いないのかもしれません。悪質な脱毛エステサロンの勧誘などは特に取り締まらなければ他の優良なエステサロンも迷惑する事ではないでしょうか。

顔脱毛の気になる種類は

脱毛の中でも扱う店が少ない顔脱毛ですが、この方法の脱毛部位は店によって異なることがあります。一般的には顔はシェーバーやかみそりで除毛することが多いですが、どうしても産毛が残ってしまうことがあります。それに顔は体の中でもデリケートな部分なので、自分で処理すると肌を傷つけてしまったり剃り残しがあったりして肌荒れにつながることもあります。なので、顔の毛の処理はお店でプロに任せるほうが安心なことが多いです。
では、顔脱毛はどういった方法があるのか。方法は2種類です。一般的にされているのがシェーバーなどを使った除毛やワックスや脱色、毛抜きです。どれも家庭で簡単に出来ることがメリットですが、すぐに生えてくるのでその都度処理しなくてはいけないことや、摩擦や刺激を嫌う肌にとっては肌を傷めるデメリットがあります。そして2つ目がエステサロンや医療機関での光脱毛の永久脱毛です。通う手間はありますが、こちらは肌への負担が少なく、2・3か月の1度程度の処置のサイクルで通えばいいので負担も少ないです。
顔はとてもデリケートな部分です。少しの刺激で肌荒れを起こします。しかし、女性は毎日メイクをするので、毛のないすべすべなメイク乗りのいい肌を維持したいと考える人は多いです。2種類の方法がありますが、顔脱毛はプロに任せることが安全です。